住吉宮へ恵方参り


2016年の立春を迎えたので、恵方参り(えほうまいり)に行ってきました。

恵方参りとは、「元旦に恵方にあたる社寺に参詣して、その年の幸福を祈ること。恵方詣で。」(『デジタル大辞泉』より)
立春を過ぎてからお参りすることが正しいとされています。

2016年の恵方は南ということで、私の自宅から南にある神社を目指しました。
地図で南の方角を調べてみると、私が普段から旭川沿いを車で走る際に
気になっていた神社が南の方角にありました。

神社のお名前は「住吉宮」と言います。
旭川の西岸で旭川大橋を南に下ったところにあります。

行ってみると、灯台がありました。
ここは旭川河口にも近いので、船のために灯台が使われていたのですね。

狛犬には「安政4年」と書かれていました。
1857年ということは、159年前に奉納された狛犬ということです。

また、夏至と冬至の頃に、恵方参り(追参り)でこの地に戻ってきます!