今回は、大吉備津彦命御陵です。
中山茶臼山古墳とも呼ばれています。

吉備中山にあり、車で行くと吉備津神社のすぐ近くにあります。
こちらに大吉備津彦命が眠っているとされています。
天皇家ですので、宮内庁が管理しています。

私は岡山文化観光検定の勉強の過程で、御陵の存在を知り、中小企業診断士の国家試験の最終結果発表の直前、緊張している最中に訪れました。
大吉備津彦命は、大和朝廷から派遣されて、岡山で活躍しました。

参拝してみて、「自分の将来のために合格したい」というよりも、「岡山の未来に貢献するために合格したい」という私の夢の原点に立ち返れた気がします。