福沢諭吉の『学問のすすめ』にこんな一節があります。

「人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、
無学なる者は貧人となり下人となるなり。」

私は、最近この一節を知ったのですが、背筋が凍る思いでした。
恐怖から逃れるために勉強するのはどうかと思いますが、
自分が怠けてるな、と思った時には戒めとしたい言葉です。

勉強を始めるきっかけとしては、やはり読書が最重要だと思います。
先人が得た知識をあっという間に手に入れられるからです。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
banner2.gif