昨日は、法然上人の御教え「己が己がの我をすてて おかげおかげのげで暮らせ」をご紹介しましたが、
今日、田んぼの景色を眺めていたら、こんな名言を思い出しました。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
成功したり、出世すればするほど、より謙虚にならなければならない、
という意味です。
法然上人の御教えと同じく、分かっていてもなかなかできないことですよね。
私は、まだ全然出世していませんが、関係なくはありません。
日々勉強、努力していきたいと思っています。
それにしても、2008年も始まったと思ったら、もうこんなシーズンですね。
私も、今年はどんな収穫があったか、そろそろ振り返ってみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。以下のリンクをクリックしてください!
banner2.gif