成果主義がすべてではない。
「がんばりすぎない勇気」を身に付けるために
欠かせない“生きる知恵”です。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
人気ブログランキングへ

齊藤正明さんの
会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』を読みました。

この本のおもしろいところは、齊藤正明さんがマグロ船に乗船した経験から、
上手なストレスの受け止め方を学んだという点です。
印象に残る言葉がいくつもありました。

(ちょっと要約しています。)
「結果にばかりこだわると、その途中にあるおもしろいものや、
役に立つことを見逃すことになる。それはもったいないように思う。」
「自分にできることをすべてやったら、後のことは考えない。」
「努力することに、見返りを求めんほうがいいとおもう。まあ、難しいと思うけど。」

要は、結果よりも過程(プロセス)が大切、ということですね。
結果主義、成果主義に突き進む現代の世の中にあって、
ここまではっきりと言い切ってくれると気持ちいいです。
結果を否定するつもりは毛頭ありません。
私自身、結果を求めれば求めるほど、
先にプロセスが大切だということを日々実感しています。
プロセスを大切にするからこそ、「長期的な結果」を得られると思ってます。
あとは、この“開き直り感”が好きです。
「やれることはすべてやった。後は野となれ山となれ。」も同義語ですね。
私の信条にかなり近いです。
私が完璧主義から脱出したヒントです。