今日は、私の曇った心をパッと晴らしてくれた名言を紹介します。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
banner2.gif

「1日の80%は解決策にフォーカスし、20%は問題にフォーカスすること。」
アンソニー・ロビンズ
人間生きていると、いくらでも問題なんて発生するものです。
もちろん、問題にくよくよするのは仕方ありません。
最近の私も、山積する問題にちょっと(かなり)うなだれ気味でした。
でもこの名言を聴いて気づいたことは、
問題に直面してくよくよしていていいのは、ほんの20%の時間だけだということ。
残りの80%を、問題の解決策を考える時間にあてれば、前進できるのです。
問題とその解決策を紙に書き出してみると分かりやすいです。
頭の中で考えただけではうまくまとまりませんし、
思いついた解決策を忘れてしまいます。。。
実際に私もこの言葉を聴いて、問題と解決策を紙に書き出して検討してみました。
おかげで、この1週間で複数の大きな問題を片付けることができました。
そして、私はさらなる新たな問題に立ち向かっていくことになります。

PS この名言をメルマガで紹介してくださった、
アンソニーロビンズ「直伝」トレーナーの池田貴将さん
本当にありがとうございました。

一瞬で「自分の夢」を実現する法

一瞬で「自分の夢」を実現する法

  • 作者: アンソニー ロビンズ
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2007/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ちなみに、『一瞬で「自分の夢」を実現する法』では、今回の件について、こんな感じで紹介されています。
「問題についてくよくよするのは人生の10%までで、少なくとも90%は問題解決に費やすこと。」
「10日間、問題解決に集中するとは、
“自分の人生の長所”、“有効手段”、“自分がいかに幸運か”を考えることを意味する。
それは「問題をほったらかしにする」こととは違うし、もちろん問題を深刻化させることでもない。」
ちょっとパーセンテージが違いますが、言っている内容は首尾一貫しています。