今回は、済州島旅行2日目です。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
人気ブログランキングへ

朝食は済州KALホテルのバイキング料理でした。
これがなかなかおいしくて、朝からたくさん食べてしまいました。
特にソルロンタンのスープがすごくおいしかったです。
パンもデザートも種類が充実していて、あと赤飯もおいしかったです。
朝食付きの宿泊パックを選んだのは大正解でした。

今日は、貸切タクシーで主に済州島南部を周遊しました。
最初は、済州KALホテル付近の龍頭岩に行きました(これは済州島北部にあります)。
さすがは済州島は火山島だけあって、岩の遺跡がたくさんあります。
大自然を実感することができました。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次にハルラサン(漢拏山)を通って島南に向かいました。山の上は深い霧でした。
【こちらはホテルから撮影したハルラサンです。】

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

島南では、正房瀑布(チョンバンポクポ)→ウェドルゲ→薬泉寺→シュリの丘
→乗馬→龍頭海岸→チンジ洞窟という順番で観光しました。
最初に着いたのは正房瀑布(チョンバンポクポ)。
海に流れ落ちる滝で、世界でも珍しいとのこと。神秘性を感じさせます。
滝つぼ付近は水しぶきで気持ちよかったです。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次に、ウェドルゲに行きました。
ここには奇岩があり、ギリシャのメテオラの奇岩を思い出すような光景です。
これも大自然済州島の象徴です。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次は薬泉寺というお寺です。タクシーの運転手さん曰く、済州島で最大の寺院とのこと。
確かに大きかったです。住職の教話と歌(歌念仏のような感じです。)が
寺中に響き渡っていました。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

【装飾がきれいですよね。】

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次に映画『シュリ』の一シーンとして使われた「シュリの丘」へ。
曇りだったのが残念でしたが、海を一面に見渡せるよい眺めでした。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次に乗馬。私にとっては生まれてはじめての乗馬でした。
それから、龍頭海岸へ。(最初に行った龍頭岩とは異なります。)
こちらもすごい岩の層と浸食が進んだ岩がたくさん見られました。
波がとても強く、そのすぐ横を歩いたのでけっこう怖かったです。
足元も濡れていますし、かなりの距離を歩いてけっこう疲れました。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)
送信者 大韓民国(ソウル・済州島)
送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

【脇に見える山房山も山の頂上に雲がかかっていて神秘的な光景でした。】

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

最後に「宮廷女官チャングムの誓い」の最終回のロケ地になったチンジ洞窟へ。
この洞窟は日本軍が作った人工のものです。
こちらは、龍頭海岸よりはるかに足場が悪かったです。
海岸はごつごつした岩だらけで、岩を飛び移りながら海岸を歩きました。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

という感じで、足がヘトヘトになりながら帰りました。
済州島北部に戻って貸切タクシーとお別れし、
新羅免税店近くの「和珍アワビ」というアワビ粥の店に行きました。
ペ・ヨンジュンが訪れることで有名な店ですが、この店のアワビ粥は確かにおいしかったです。
何度も訪れる気持ちが分かります。私も次回済州島に来たら、また訪れるに違いないです。

送信者 大韓民国(ソウル・済州島)

次に済州グランドカジノに行きました。今回もルーレットに挑戦。
ルーレットの進行が早すぎて、少しイライラ。。。
少しばかり損したところで終了しました。
新羅免税店でおみやげを買って済州KALホテルに戻りました。
済州KALホテルで足裏マッサージを受けた後、ルームサービスでアワビ刺身丼を食べました。
アワビ刺身丼は、白飯と具が分かれていて、自分で丼の具のお皿に白飯を乗せて、
辛いタレ(コチュジャン)を混ぜて食べるというスタイル。(写真がないのが残念。。。)
これはもう相当においしかったです。超気に入りました。
気づいたら昼食からアワビ2連発だったのですが、気にもなりませんでした。
それにしても、この日は足がもうくたくたでした。
夜は天候がかなり悪く、すごい雷で、ホテルの電気が一瞬消えたほどでした。
標高1950メートルのハルラサンの麓ですから、仕方ないのかもしれませんね。