この8月末で、ちょうど岡山に帰ってきて3年となりました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
人気ブログランキングへ

先日、偶然この3年間を振り返る機会がありました。
岡山に帰ってきてからの3年間、いろんなことがありました。
楽しかったこと、苦しかったこと、挑戦したこと。
たいへんだったけど、得るものがたくさんあった、エキサイティングな3年間でした。
(ちなみに、この3年間の【公開可能な】思い出は、当ブログに記載してあります。)
多くの方に助けられて、ここまで来られたと思っています。
この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございました。

先日懐かしいDVDを購入しました。
2000年まで放送されていたビバリーヒルズ青春白書 シーズン5 <トク選BOX> [DVD]<トク選BOX> [DVD]
DVDで販売されたのです。
その中で、こんなセリフがありました。

「リーダーは時に鈍感であることも必要なんだ。
諺にもある。批判に耐える気力がなければ、何事にも手を出すな。」

自分にとって、様々な新しいことに取り組んできたこともあり、
分からないことも初めてのことも多くて、
批判を受けたりもしながら、学びに変えてきた3年間でありました。
でも、このセリフを聞いて「自分は間違ってなかったんだな」と思わせてくれました。
これからも謙虚さを忘れずに、
新しいことに積極的に取り組んでいくつもりです。

と、早速ではありますが、
この9月末から約4ヶ月間、
甲南大学(西宮キャンパス)で非常勤講師をすることになりました。
またまた新たなる挑戦です。
この半年間、準備にけっこう力を入れてきました。
これからハードな4ヶ月間になると思いますが、がんばります!

PS フジテレビのアナウンサー、三宅正治氏の
著書『言葉に魂(おもい)をこめて』にも、こんな記載があるようです。

「半分の人に支持されて、半分の人には支持されない。
そんな存在感のあるアナウンサーになりなさい」

何か通じるものを感じますね。