人をほめる、って簡単そうでなかなかできないものです。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
人気ブログランキングへ

人をほめることは、コミュニケーションを良くする上でたいへん重要です。
私も、企業内での上司と部下のコミュニケーションを改善していく手段として、
「社員をほめる」ことを提案しています。
そんな「ほめる」コミュニケーションについて書かれた本があります。
あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール』です。
「『ほめる』というのは、その人の存在価値を認める行為」
「あなたの一言(ほめ言葉)が誰かを救ったり、幸せな気持ちにさせたりする」
「『相手の話を聴く』ことは、ほめる材料を探すために欠くことのできない要素」
「好意返報性の法則」
などなど。ほめることの重要性や、ほめ方についての言及は参考になります。
著者の谷口祥子さんは、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーです。
コーチングを学んでいくうちに、相手の話を傾聴するようになり、
自然に相手を認める言葉やほめ言葉が出てくるようになったとのこと。
私もコーチングを勉強することを本格的に考えたいと思っています。
でも、私が一番大事だと考えるのは、まずは「自分をほめること」。
自分のことすらほめられない人が、他人をほめることができるか。
私は難しいと思っています。
なので、人をほめてあげたい方、
まずは自分自身をほめてあげてくださいね。
ちなみに、私の周りは、
「自分が大好き。自分で自分をほめてあげたい。」という人であふれかえっています。。。