少し古い本ですが、『戦わない経営
』という本を久しぶりに読み返しました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!
人気ブログランキングへ

私がサラリーマンを卒業する直前、かれこれ3年ちょっと前になりますが、
ブルー・オーシャン戦略――競争のない世界を創造する (Harvard business school press)』という本も読みましたが、
これも「戦わない経営」について書かれた本です。
戦わない経営』で最も印象に残った文章。

「小さな会社の正しい戦略は、戦わないこと。
幸福を追求しながら生き残っていくためには、戦ってはいけない。
ビジネスは不戦勝でいいんだ。」

企業を経営していて、「戦わないでいい」なんて言うと、
何か手抜きのように思えるかもしれませんが、
「戦わずして勝つ」方法を見つけ、伸ばしていくことに、精一杯努力する。手を尽くす。
自分にしか出来ないこと。自社にしか存在しないこと。
そんな強みを見つけて精一杯伸ばすことによって、「不戦勝」は近づくと思います。
そして、今回私が考えたのは、
「戦わない勇気」は仕事・会社だけでなく、
自分自身の生き方においても必要だということです。
問題が発生するたびに戦う、
すなわち怒ったり、叱ったり、言い争ったりしていると、
すごく体力を使います。疲れます。
一喜一憂程度は仕方のないことですが、
その体力があったら、まずは、自分を変えることに体力を使うことです。

「人を変えようとするのではなく、自分が変わることで解決する方法はないだろうか。」
会社にも人間にも、
「戦わない勇気」が求められているように感じます。