今回は、兵庫県の淡路島にある伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)です。

伊弉諾神宮には、伊弉諾(イザナギ)大神と伊弉冉(イザナミ)大神が祀られています。
古事記』や『日本書紀』では、
イザナギとイザナミが日本の国を産んだとされています。
そのうち、イザナギが淡路島のこの地に幽宮(かくりのみや)を構えて、
余生を過したという、伝説の地です。

【伊弉諾神宮です。】

送信者 西日本各地
送信者 西日本各地
送信者 西日本各地

境内には、「夫婦の大楠」(めおとのおおくす)という珍しい楠があります。
元は2本の楠だったのが、いつしか根を合わせて1株に成長したものとのこと。
樹齢900年の神秘的な御神木です。

【夫婦の大楠です。悠然とそびえ立っています。】

送信者 西日本各地
送信者 西日本各地

「自分の悩みも、この地の悠久の歴史・自然から見れば小さなもの」
そんなことを感じされてくれる地です。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ