「中小企業診断士 ストレート合格体験記」にようこそ!

私が中小企業診断士に登録、独立開業してから、
2015年4月をもって7年になります。

この7年間、紆余曲折もありましたが、
なんとか業績を安定させてこられたのは、
私の周りの方々のご協力があればこそだと思います。

とてもありがたいです。

資格取得して同じく7年になりますが、
資格を取得したメリットを考えてみました。
もちろん、「仕事に使える」というのが最大のメリットですが、
それ以外の「副次効果」についてです。

まず、人脈が増えたことです。

中小企業診断士の資格を得てから、私の人脈は大きく広がりました。
岡山県中小企業診断士会に入ったこともありますが、
それ以外の場でも、特に中小企業の支援機関など、
中小企業診断士の能力が生かせる場での人脈形成ができました。

次に、勉強癖が身についたことです。

中小企業診断士の資格を得た後、
その勢いで勉強を続け、情報処理技術者試験のシステムアナリストに合格しました。
中小企業診断士の資格を得る際に培ったテクニックは、
他の試験でも通用しているようです。

また、テクニックだけでなく、読書癖、調べる癖など、
「知識吸収欲」とでもいうべき能力が身についたと思います。

こうした副次効果は、
「中小企業診断士の資格を利用して何を始めるか」という視点が
重要なのだと思っています。

資格は「エンジン」ではなく、「武器」「道具」です。
エンジンは、まさに自分の心の中にあるのだと思います。

私について言えば、私のエンジンは、
「地域活性化へ貢献したい」
「独立して成功したい」
という強い信念だと思っています。

「家族・家庭の発展」
「日本の未来の発展」
という信念もあると思います。

私は中小企業診断士の資格を取得することで、
エンジンに拍車をかけることができました。

ただ、中小企業診断士の資格を取得しても、
自分の顧客を増やす販路開拓ノウハウまでは得ることができません。
私はその問題を
コーチングラボウエストの独立プロコーチコースへの参加
によって解決しました。

資格は、持っているだけでは差別化できません。
「どう活用していくか」という視点が重要です。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!

中小企業診断士 ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村