おおたふみおのITコンサル日記にようこそ!

今回は、坂本龍馬が西郷隆盛を評して語った言葉です。

「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く。」

これは西郷隆盛を「釣り鐘」に例えて言った言葉とされています。
さらに坂本龍馬は、相手を大きく叩くには、
「撞木(しゅもく=鐘をつく木のこと)」が大きくないといけないと言っています。

つまり、相手を動かすには自分が相手を「大きく叩ける」人間に
成長しなければならないということです。

相手が小さくしか動いてくれないのは、相手のせいでは無く、
自分に責任があるのです。

大きく叩ける人間に成長していきましょう!

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いいたします!

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

中小企業にこそIT戦略が必要!
ITプラン株式会社のホームページはこちらからどうぞ。

メールマガジン『おおたふみおの“ビジネスIT最前線!”』
ご購読はこちらからどうぞ。

【今年も桜の季節が到来です!】
2016-03-20 16.17.28.jpg