去る2017年1月14日土曜日、私の母、太田光枝が他界いたしました。

17日に親族と親しい友人の方々に囲まれて、家族葬を執り行いました。

母は5年前から間質性肺炎を患いまして、闘病生活を続けてきました。間質性肺炎を抑えるための薬『免疫抑制剤』により、他の病気に対する耐性が大きく低下し、色んな重病にかかるようになり、それが原因で69歳の若さで旅立ちました。

母は心が広い人間で、時には厳しく、そして困った時には深い愛情を持って育ててもらいました。

私がパニック障害を患って、サラリーマンを卒業して岡山に帰った時も、そして起業する時も、物心両面で助けてもらいました。
昨年のYEGの全国大会で、私が本業ができずに弱音を吐いていた時は、ボランティア精神旺盛な母は、『あと少しなのだからがんばりなさい』と檄を飛ばしてくれました。
誇らしい母です。

今まで母を支えてくださった全ての方に、この場を借りて深く御礼申し上げます。

私はまだ、心にポッカリ大きな穴が空いたような気分です。
最期の数日間、母は急激に体調が悪化していきました。そして他界して葬儀が終わるまでも、あまりにもあっという間すぎて、悪い夢を見続けているような気分でもあります。

こんな状態ではありますが、家族共々これからも倍旧のご支援をお願いいたします。